「アイビー格好」の商標“Kent”の再開発

俺は今までとりわけイトーヨーカドーを注目していてわけではないが、半年ほど前にたまたまそこに立ち寄ったとき、男・組合せブランドの“Kent”の企業を見つけてチラホラ驚いた。“Kent”と言えば1960カテゴリーの「アイビー組合せ」のホットを巻き起こした“VAN”の「兄貴取り分」のブランドです。俺が高校生に入学した1971ご時世には「アイビー組合せ」はとっくに沈静化しつつあり、どちらかと言えば長髪にジーンズという格好が初々しい組合せとして出現していた。したがって、俺はユニバーシティを卒業してサラリーマンになるまでスーツとは無縁な一生を送り、「アメリカン・トラディショナル」というフレーズさえ知らなかったのである。あんな俺を「アイビー組合せ」の状況に導いてくれたのがサロンのスペシャリストたちであった。それまでの俺はスーツなんてどれも同じようなものだろうと考えていたが、俺を指導して下さったスペシャリストほうが身に纏っていたスーツは、装いがスマートでダサく感じられなかった。それが、俺にとって「アメリカン・トラディショナル」との初めての触れ合いとなったのである。「アメリカン・トラディショナル」とはどんなものなのかを調べて行くうちに、三つエッジ段返り、センターフックベント、普通ショルダー等々というフレーズを覚えた。また、ネクタイを購入する際にもただ闇雲に選ぶのではなく、レジメンタル、ドット、ペイズリー等の上から選ぶようになった。勿論衣類・シャツはエッジ激減のものを好んで身に着けていたのは言うまでもない。それによって私のスーツ外見がどれだけ外観良くなったか定かではないが、ビジネスパーソンとしてのドレス技術の最初は消化できたと自負している。さて、こんな俺がイトーヨーカドーの一図形に“Kent”の企業を見つけたときに、なんとなく店内を覗いてみたのは言うまでもない。本格的な夏場の出番には未だに時間があったが、俺は空調が苦手なので空調の効いた内部で羽織れるようなアウターを捜していたのである。そうすると店内に麻100パーセンテージのアウターが陳列してあることを発見。ポッキリ夏物のセールの時機だったので、19,000円(税込)のアウターが9,900円(税込)で販売されていた。それでしばらくは迷ったものの、きっかり身体に見合うL体格のものがあったのでそれを買取ることにした。俺は今まで麻のアウターを着たことがないので、それが日本の夏場の猛暑に堪えうる賜物か何とか思い付か。しかし、まさに手に取ってみると、至る所に細かい着想がされており、清涼第六感を聞こえるとともに機能性にも富んでいる。例えば、左の内財布にはファスナーが付けられてあり、アウターを脱いで手法に持って歩いていてもそのものをうっかり落としてしまわないようになっているのだ。万年筆やボールパンを差し込めるような財布も別途あるし、一段と名刺や定期券等々を入る折財布も付いているといった有様です。久し振りに可愛いショッピングをしたと思った次第である。ミュゼ ログイン 予約