若い女性に増えている糖尿病、その原因とは?

糖尿病といえば中高年以降のオジサンがなる病気だという印象があります。
ところが近頃、若い女性の糖尿病が増加しているといわれています。
糖尿病の原因としてあげられるのは、アルコールの飲みすぎ、過食、運動不足、喫煙、ストレスなど生活習慣の乱れや加齢、遺伝などがあります。
若い女性が糖尿病になってしまう原因には不規則な食生活、栄養バランスの悪さ、スイーツや甘いフルーツを多量に摂取するなど偏った食生活があげられます。
若い頃についてしまった食生活や生活習慣はなかなかかわらないものでそういう生活を続けていると糖尿病の予備軍になってしまいます。
健康診断などで血糖が少し高めだと言われた場合は糖質を多く含む炭水化物、いも類、フルーツ、スイーツを控えた食生活が必要です。
血糖値を急に上げないためには、食事の際は野菜から食べるよう心がけ、ごはんは最後にいただくのが理想的です。
野菜を先に食べおくと食べ過ぎ予防や腸内での糖の吸収をゆるやかにし、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。http://www.angstman.co/